yuyumeru-S’s blog

20歳.沖縄の石垣島出身。慶應SFCです。

愛のない幼少期

 

 

人は幼少期、親などから愛情を受けることができなかったら、その後の人生に大きく影響するのだと思う。

 

 

子どもの頃できなかったことや言って欲しかったことを誰かに強く求めたり、突然突拍子もないことをするのではないかと感じる。

 

 

日々誰かを激しく攻撃したり、体を売ったり、次々相手を変えて遊んだり、すぐに人間関係を切ろうとしたり、、、自分の体を傷つけることで心配してもらい、承認されたいという欲求を満たしたりするのではないかと思う。

 

 

 

中学生の頃から友達の相談を受けて思ったのが、世の中の「大人」が思ってる以上に残酷で悪魔のようだなということだ。

 

素晴らしい人だと思ってた先生でさえ、暴力や暴言で未来を奪っているようなことをしたり、自分の罪をもみ消すことをしていた。

 

 

SOSは全く届かない。

 

 

「あ~~、あの子は言ってるだけだよ笑」

 

 

死にたいと言ってる友達は自殺しそうな一歩手前のその言葉でボロボロになっていた。

 

誰も頼れない、もう無理だとやっと伝えたけれど、結局バカにされ、相手にしてもらえずにもう誰のことも信用しないと恨みと強い心の痛みとともにいろんなことを我慢していくようになるんだなと知った。

 

 

愛のない幼少期はその後の人生にとても影響する。

 

偏った恋愛観や価値観だったり、その時得られなかったいろんなものを取り戻そうとしている。

 

そんな子が1人でも減ってほしいなと思う。

 

私はただ話聞くことしかできないけれど、自分にできることは何かと考えている。