yuyumeru-S’s blog

20歳.沖縄の石垣島出身。慶應SFCです。

私が17歳の時に知りたかったこと

 

 

こんにちは。

ゆゆめるです。

 

あなたは高校生向けのプログラムに参加したことはありますか?

 

今回は私が高校生の時、プログラムに参加してみた経験からもっと早くに知りたかったなと思ったことについて書きました。

  

具体的には

 

・プログラムに参加したことで良かったこと

・地方の高校生へオススメする理由

 

この2つです。

 

 

ここで言う高校生向けプログラムとは、合宿型のものであったり、継続して研修などを受けたりするものです。全国規模のものもあれば企業が募集しているものを含みます。

 

  

プログラムに参加して良かったこと

 

高校生を対象にしているプログラムは、「楽しくなさそう」「そんなのに行って何がいいか分からない」と思う人、何も知らずにただ文句を言う先生も言ますが、私はそんな意見は無視して、参加することだけでもとても価値ある経験であると考えています。

 

 

 

なぜならば、全国のおもしろい高校生と友達になることができ、驚くほど自分の世界がすごい勢いで広がるからです。

 

 

 

そして「何もせずに文句を言って攻撃してくる大人」より「挑戦することを素晴らしいと考え、応援してくれる大人」に出会えます。

 

 

 

自分の地域にいて、目的を持ち、何か団体をつくったり活動をしていても「あいつ、意識高い系じゃんwww」と批判をし、ディスってくる地元の同級生とは違って自分のことを理解してくれる仲間にも出会えると思います。

 

 

何より、短期間でいろんなゲストが来て話を聞けたり、自分自身のことを考える時間が多くあります。

 

 

「たのしい!!!!!こんな人世の中にいたんだ」

 

 すごくわくわくします。

確実に将来への選択肢が増えると私は思います。

 

 

運営で来ている大学生も高校生時代から何かしら取り組みをしているので、大学生の話を聞くこともとても得られるものは大きいと感じます。

 

 

 

 地方の高校生がプログラムに参加した方がいい理由

 

特に地方の高校生ほど参加すべきだと思います。

私自身、田舎に住んでいたこともあり情報スピードが遅かったり、面白い考えを持った人たちに会える機会があまりなかったので、参加したことによって確実に価値観も考え方にも変化があり、本当に貴重な経験になりました。

 

 

「おまえのやってること理解できない」

 

地元でこれまでそう言われバカにされていたとしても、東京へ行くことで出会える人の層が広がり、一緒に考えてくれたり、自分のやりたかったことのチャンスも巡ってくるきっかけになると感じました。

 

 

しかし、素晴らしい出会いや学びが得られる一方で気をつけるべきことがあります。

そのことも知った上で参加することが大事だなと思っています。

 

続きは、次回書きます。

 

 

 

 

読んでくださりありがとうございます。

 

感想などがあれば、

Twitter @miruki2141までお願いします