yuyumeru-S’s blog

20歳.沖縄の石垣島出身。慶應SFCです。

  インスタに支配された女の子と遊びに行った話。

 

 

インスタ女子と遊んで疲れた理由をぶっちゃけてみる。

 

 

最近、インスタが大好きな女の子と遊んだ。

その子はすごくおしゃれで美容にたくさんお金をかけていてキラキラしてる写真ばかりを普段からSNSにのせている。待ち合わせ当日、小柄でグレーっぽいロングの髪をふわふわっとカールさせいい匂いと共に現れた。

 

いわゆる一般人のプチインスタグラマーみたいな感じだ。

 

ストーリーも可愛く加工し、きらきらしている。

可愛くて自分をどう見せたらいいかをちゃんと計算していて、世界観を作っているとこは純粋にかっこいいなと思っていた。

 

しかし、

いざ一緒に遊びに行ったらわたしは帰りたくなってしまった。

 

 

なぜならば、

全てが「インスタのため」の行動だからだ。

 

 

可愛いものを綺麗に写真を撮るために、徹底的に気がすむまで何十枚も写真を撮るのだ。

 

その日私たちはランチに行った。

 

2人分入れて撮るので、その子がいいと思うまでわたしが注文した料理にも手をつけることはできないし、料理の写真を撮ったかと思えば次は「自撮り」が始まる。

それも写真アプリもいくつか変えてツーショットの記念の1枚を載せるために頑張るのだ。

彼女のアプリだけでなく、わたしのスマホでも撮ってとお願いされひたすら撮影会。

立ったり座ったり何度もするのでまわりのお客さんにも店員さんにもチラチラ見られていることに気づいてなかった。

 

もう食べない?と聞いてもまだダメ。と言って撮影会は続いた。

 

料理を待っている間は、目の前に私が座っているにも関わらず、自分の顔を盛れる角度を探して自撮りしながら会話するのだ。

 

そんなことをしていて、結局出てきた料理は冷めてしまった。

 

わたしは心の中で思った。

「いや、おしゃれな彼女はいつもこれぐらい当たり前だろうからちょっとぐらい付き合ってあげなきゃ」と。

 

だけど、

あれ??友達とご飯いくって時にこんな感じだったっけ。。。

と少し違和感を覚えた。

 

これだけなら全然良かった。

 

ご飯を食べ終わり一緒に彼女が行きたがっていた雑貨屋さんに向かう途中、女の子に人気のお店があり、そこにタピオカが売ってた。

 

それを見た瞬間、「あれ、インスタ映えするから行きたい!!!」と言い出した。

私は「さっきご飯食べたばっかりでお腹はいっぱいだし別のとこにしない?」

と提案したが、結局投稿する目的のためだけに並んで買いにいくことになった。

 

その時の私は、まあ、これぐらい女子ならふつうだよね、と思うことにして少しだけ我慢した。

 

けれど、彼女もお腹いっぱいだったみたいで少しだけ飲んで捨てていた。

 

 

私たちはそのあと雑貨屋さんやプリクラ、猫カフェに行ったりした。

(猫ちゃんと遊んでる時はまだ大丈夫だった。。w)

 

 

事件はそのあとに起きた。

 

私たちはある洋服屋さんに行った。

 

そのお店には彼女が取り置きしてもらっていたパーティー用のドレスがあった。

「買う前に試着します!!」店員さんに言い、彼女はしばらく試着室から出てこなくなった。しばらくして出てきた彼女は店員さんに「この服と似てるデザインの服はありますか?」と聞いた。

 

別の服が欲しくなったんだろうなと思っていたら、「〇〇(わたし)も買ったら?」とすすめてきた。

 

「!!???」

 

一瞬わたしの頭の中はハテナでいっぱいになった。

しかも妙に何度もオススメしてくるので何で??と聞いてみると、

 

「だって2人でこのドレス着たら色的にも映えるじゃん??買ってよ!笑

インスタのせたらいいねされそう!!!笑」

 

とやっぱりインスタのことしか頭になかったみたいだ。

 

ドレスは数万するので好きじゃないものをノリで買うには高すぎる金額w

 

そのあとも会話の中心はずっとインスタ。

 

インスタにキラキラした写真を載せることでみんなからメッセージがくるのがすごく嬉しいと話していた。

 

とにかく彼女とその日1日いて疲れすぎたし、彼女のことが嫌いになってしまった。

 

別にインスタのために写真やストーリーのための動画を撮ることは全然いいと思う。私自身もたくさん撮る方だと思うのでむしろ一緒に撮ろうぐらいのテンションになる。

 

だけど、一緒にいる人がまるで見えてないかのような態度とインスタのことしか考えず、目の前の人を大事にしないのは投稿している写真は可愛くても人としてどうなのか。。と思ってしまう。

 

それにインスタのために使うお金は全部パパ活で、水のようにお金を使う感覚を友達にも平気で求める部分は私には理解できなかった。

 

 

どれだけ可愛く魅せるかを頑張ってる彼女に対して私がこんなことを思うのは心が狭いのかもしれない。だけど、「いいね」のためだけに何度も相手に嫌な気持ちをさせてることには永遠に気づかなそうだったのでもう二度と遊ばないことを決めた。

 

大事な友達だった分、すごく悲しくなった。

 

 

ブロックした。

 

 

インスタ映えのためにいく場所を決めるのもまったく嫌だとも思わない。

わたしがやめてほしいとはっきり言えなかったことも悪かったと思う。

 

 

だけど、それに支配されすぎて映える写真のために狂った感覚を人に押し付けるのは違うんじゃないかなと思う。

 

お互いにそれがいいと思う関係性ならもちろんいいと思うが。

 

 

わたしもSNSにふりまわされることがあるので人のことは言えない。

 

だからこそ気をつけて使うようにしたいと心の底から思う体験だった。

 

 

 

読んでくださった方、ありがとうございます!

 

感想などがあれば、Twitter@miruki2141に送ってもらえると嬉しいです。