yuka-S’s blog

19歳.沖縄の石垣島出身。慶應SFC 1年です。

助けることをシェアできる仕組みをつくりたい

〜いじめという地獄から過去の自分を助けるために〜

「あなたがどれだけ頑張ったところでいじめはなくならない。私たちは何十年も取り組んできたが変わらなかった。こんなことは無意味だ。」

 

 いじめで悩みを抱えている子たちを支援している人に言い放たれたこの一言は、ものすごく衝撃でした。そして、この一言は日本全体の社会構造をまさに表しているものだと感じました。



私は1年前からいじめ問題に向き合うことを決意し、取り組んでいます。アンケート、ヒアリング、本やインターネットで調べ、カウンセラーさんや弁護士さんに話を聞いたり、行政に問い合わせるなどのあらゆる方法で現状調査をしてきました。

何百といういじめの経験を読み、いじめをテーマにした漫画やアニメ、ドラマを見たり心理学の方向からのアプローチを調べたり、、

この1年、日本の大学生の中で一番いじめのことを調べたという自信があるぐらい、とにかく思いついたことは全てしてきました。

 

でも、どれだけ調べて話を聞いて研究論文を読み、自分の中で繰り返し考えても、多くの人を確実に助けるための解決策は見つからないし、私自身が鬱になりそうなほど苦しくて吐きそうで何度もカウンセリングを受けました。保健室で寝込んだこともあります。

 精神状態がおかしくなりそうになってまで、本気で私がいじめのことに取り組もうと思う強い理由があります。

 それは、私自身が過去にいじめられ、毎日が地獄だったからです。

 死にたいと思い、自殺の方法を頭の中でシミュレーションするあの日々を思い出すと、憎しみと悲しみでぐちゃぐちゃな感情が爆発しそうになります。

昨日まで楽しく話していた友達が、ある日突然、私を空気のように扱い、笑顔で死ねと言ってくるあの瞬間は一生忘れないと思います。


私はそんな過去の自分と同じような状況にいる子たちを助けたいです。


家からすぐに悩みを相談できる仕組みを考えています。相談員を専門家ではなく、一般の人たちにすることによって相談のハードルを下げ、まずは話を聞いてあげる人がいたり「私は味方だよ」と言ってくれる人が1人でもいるのが当たり前の環境にしたいです。


いじめ対策が、社会貢献やボランティアという価値観を壊したいと思っています。


しかし、今の私には一緒に動くチームメンバーがいません。メインは沖縄の高校1年生の子と私の2人で進めています。そこで私の思いに共感しチームに入ってくれる人を探したいと思っています。詳しくは次のブログで書きます。

私にとっていじめのことに向き合うことは、
例えるなら、皮膚を剥ぎとって何度も傷をえぐるような作業です。だけど、マイナスの過去をプラスに変えるために、全力で向き合っていきたいです。

 

いじめという地獄の世界を終わらせることは可能だと、証明してみたいです。

 

いじめてたあの子がたった一言、
「ごめんね」と言ってきて、カフェでランチしながら笑って話せる日がくるといいなと思います。


久々に思いを書きたくなったので文章にしてみました!読んでくださった方ありがとうございます。